«
»

岩手県立大看護学部、若い力で被災者を継続支援

岩手県立大看護学部、若い力で被災者を継続支援

学生ボランティア団体「カッキー’S」

 東日本大震災からもうすぐ4年になる中、岩手県立大学看護学部(岩手県滝沢市)の学生有志によるボランティア団体が、県沿岸部・山田町の仮設住宅入居者に対して継続的な支援活動を行っている。長期的な支援の一つのモデルとして注目されている。(市原幸彦)

 この団体は「カッキー’S」(カッキーズ)。主な活動は、山田町の仮設住宅3カ所と高齢者施設の小規模多機能施設での月1回のサロン活動。平成23年11月に団体を立ち上げた。正月の餅つきやクリスマスツリーづくりなど季節の催しとともに血圧測定、独自に考案した「カッキー’S体操」、健康講座などを行っている。

 山田町は、復興がまだまだ遅れている町の一つ。見えない将来への不安や希望の持てないお年寄りも多い。高血圧、心筋梗塞の患者数が増加する上に、住民の外出減少、コミュニティ崩壊などの問題も顕在化する。その一方で、ボランティア活動は年々減少傾向にある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。