«
»

コクヨ創業者・黒田善太郎の珠玉の人生訓

300

社員教育も先駆的に実施

「良質廉価」で心を掴む

 学習ノートや手帳、鉛筆など、文房具の大手メーカー、コクヨの創業者・黒田善太郎(1879ー1966年)は幾多の苦難を超えて実業家として成功。創業50周年を記念してまとめられた『経営の信條』には、経営者として培った珠玉の人生訓が刻まれている。(日下一彦)

 黒田善太郎は明治12年、富山市で黒田屋7代目善三郎の長男に生まれた。マッチ製造業を家業とし、何不自由ない幼少時代を送ったが、小学校3年の時、父が38歳の若さで突然他界。以来、苦難の人生を歩むことになる。

 小学校卒業後、家業は人手に渡り、母を支えるため奉公に出る。地元の雑貨問屋を皮切りに、20歳の時、故郷を離れて大阪へ。亡き父のつてをたどってマッチ製造業や乾物屋などで働き、23歳で和帳の表紙製造業だった小林表紙店に奉公した。同店は商家が使う大福帳(だいふくちょう)を製造販売していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。