ワシントン・タイムズ・ジャパン

鳥海山から世界へ 育て!科学技術発展の牽引者

初回授業で広瀬雄二教授から基本説明を受ける受講生=8月21日、東北公益文科大提供

東北公益文科大学が「ジュニアドクター鳥海塾」を開講

 科学技術の発展を牽引(けんいん)する人材育成を目指そうと、小中学生を対象にした東北公益文科大学(山形県酒田市)の「ジュニアドクター鳥海塾」が8月、開講した。科学技術振興機構(JST)が創設した支援制度「ジュニアドクター育成塾」に令和3年度、選定されたもので、同大公益学部メディア情報コースの教授らから情報プログラムを学び、地域課題解決の手法を学ぶ。(市原幸彦)

 育成塾には本年度、全国各地から9件の応募があり、公益大を含む3件が選ばれた。文系大学ならではの挑戦やアプローチなどを期待され採択された。支援期間には5年で年間1000万円の助成を受ける。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。