«
»

山形県庄内地域、若者定着・回帰促進へ奮闘

若者の県内定着・回帰の促進に向け、山形大学生との意見交換会を行う吉村美栄子知事=山形県総務部提供

山形県庄内総合支庁が若手の確保へユニークな取り組み

 若者の地元定着や回帰は地方自治体の大きな課題の一つだ。山形県内で最も若者の定着率が低い県北西部の庄内地域(鶴岡市、酒田市が中心)では、各界関係者が地域を挙げた対応策を探ろうと、産学官による「庄内若者定着促進会議」(座長・高橋正美県庄内総合支庁長)が平成30年7月に設立され、庄内ならではのユニークな取り組みを展開している。(市原幸彦)

 庄内の今年3月の新規高卒者のうち、県内就職者(定着率)は71・3%。前年比7・9ポイントも上昇した。コロナ禍で首都圏より地元が選択されたと推察されている。それでも県平均81・2%を下回った。一方、求人倍率は高い。高校生が就職先に地元を選ばない傾向が強いということは、企業の期待に応えてもらえない、という地元産業界の悩みが解決できていないことを意味する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。