ワシントン・タイムズ・ジャパン

アート展開催、科学×芸術×ホテルで“化学変化”

アート展開催、科学×芸術×ホテルで“化学変化”

沖縄科学技術大学院と恩納村がムーンビーチホテルで開催

 世界トップクラスの研究機関、沖縄科学技術大学院大学(OIST、沖縄県恩納村)の研究員やその家族らが制作したアート作品の展示会が、恩納村のホテルで開催されている。科学とアートの共通点を見いだしてほしいと関係者は呼び掛けている。(沖縄支局・豊田 剛)

 展示会は、研究機関そのものや研究者のアート作品に親しみを持ってもらおうとOISTが地元のリゾートホテル、ムーンビーチホテルのギャラリーで初めて開いた。

 ウクライナ出身の職員で自ら画家でもあるオクサナ・ブルジュアンさんが同ホテルのギャラリーを訪れ、話をする中で、自分たちの作品を発表する場が持てればと提案し、ギャラリーの責任者である角(すみ)敏郎さんと意気投合した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。