«
»

ひめゆり平和祈念資料館、コロナ禍で運営危機に

沖縄県糸満市のひめゆり平和祈念資料館で、当時の学校での生活の様子を伝える展示=沖縄県糸満市

戦争体験者が高齢化、展示内容リニューアルも来場者激減

 沖縄戦で負傷兵の看護に動員され、多くの尊い命が犠牲となった「ひめゆり学徒隊」の最後の地である壕(ごう)の上に糸満市のひめゆりの塔が建ち、その隣に「ひめゆり平和祈念資料館」がある。沖縄戦跡巡りでは最も人気がある場所だ。資料館はこのほど、開館30周年の事業の一環としてリニューアルをしたが、コロナ禍にあって来場者は激減。苦境に立たされている。(沖縄支局・豊田 剛)

 ひめゆり学徒隊の女子生徒らをしのぶ「ひめゆり平和祈念資料館」は、32年前の1989年に建てられた。今年4月、戦争を体験していない世代の職員らが中心になって、展示内容をリニューアルした。同館は開館当初から沖縄戦に動員された元学徒らが中心になって運営されてきた。2005年から戦後世代の育成を行い、今回のリニューアルの柱になった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。