«
»

全国の高校生が「出汁」をテーマに悪戦苦闘

「全日本高校生WASHOKUグランプリ2021」に優勝した浦添工高の古謝一歌さん(中央右)と上運天里華さん(中央左)(金沢市提供)

和食料理の腕前を競う決勝大会、石川・金沢市で開催

 和食文化が盛んな金沢市で、8月10日、全国の高校生が和食料理の腕前を競う「全日本高校生WASHOKUグランプリ2021」の決勝大会が開かれた。会場の「金沢未来のまち創造館」の調理室には、各チームが1時間かけて、考案した料理を手作りし、審査員に振る舞った。グランプリには沖縄県浦添市の市立浦添工業高校のチームが輝いた。(日下一彦)

 大会は金沢市が主催し、今年で2回目。「出汁(だし)を使った和食」をテーマに、全国から29校110チームがエントリーし、書類審査を通過した6チームが決勝に進んだ。出場校(チーム名)は東京都立農業高校(東京タラレバ娘)、長野県の屋代南高校(トマトメイト)、三重県立相可(おうか)高校(ムラトリック、伊勢のピリカルの2チーム)、京都府の福知山淑徳高校(BAMBOO)、沖縄県立浦添工高(ニライカナイ)で、チーム編成は同じ高校に所属する生徒同士、2人1組となっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。