«
»

改めて「デジタル教科書」を問う

根本 和雄

知の基本は紙の教科書 人間は言語によって人格形成

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

 昨今、若い世代の自殺が急増し、加えて、「いじめ」が多発している状況は座視することができず、極めて憂慮に堪え難い思いである。さらに、若年の「睡眠障害」が増え続け、「精神的不調」が多発傾向にあることも放置できない状況である。

 固(もと)より、“教育の目的は健全な精神をつくることである”と語ったのは、フランスの作家アンドレ・モーロワである。そして、“自らを支配することを会得することこそ、大事なことはない”とモーロワは述べている。

心身への悪影響を懸念

 この「健全な精神をつくる」教育が、いま重大な岐路に直面しているのではなかろうか。それは言うまでもなく、2024年度以降、小中学校で使う教科書を「デジタル教科書」にしようとする中間まとめ骨子案を、文部科学省の有識者会議が提示したことである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。