ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

子育て受難の時代、親子ともに育つ契機に

 長期にわたる行動自粛による生活環境の変化は、発達途上の子供の心身にさまざまな影響を与えている。日常的にマスク着用、給食時は会話をせず黙って食べる「黙食」、発声や歌の練習、身体接触のある運動がなくなるなど、子供にとって受難の年だったと言っていい。

 文部科学省のまとめによると、昨年の小中高校生の自殺者は前年比4割増、479人と過去最多。特に高校女子は約2倍に激増した。また、全国各所の子供食堂が閉鎖となり、唯一の居場所を失った子供も多い。DV(ドメスティックバイオレンス)や児童虐待も過去最多となった。

 児童虐待では子供の面前で家族が暴力を振るうなどの心理的虐待が7割を占める。身体的虐待やネグレクトと違って、心理的虐待の場合は命の危険につながるようなことがない。だから見逃されやすいが、子供の脳に与えるダメージの大きさは身体的虐待よりも大きいというのが、最新の脳研究で明らかになっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。