«
»

北海道から、「学び続ける教師」を目指して

北海道から、「学び続ける教師」を目指して

北海道師範塾が10周年、オンライン形式で冬季講座を開催

 いじめや不登校、学力の格差問題などの教育的課題が山積する中、「教師としての技量を高め常に学び続ける教師」をモットーに活動を続ける北海道師範塾(会長、吉田洋一・元北海道教育長)が今年10周年を迎える。同塾では毎年夏・冬の定期講座を設けているが、今年の冬季講座は新型コロナウイルスによる感染拡大によって1月9日、オンラインで実施された。(札幌支局・湯朝 肇)

 「社会が加速度的に変化していく中で、子供たちは日々成長していく。それに合わせて子供たちと関わりを持っている学校の教師こそ、学び続ける存在でなければならない」――1月9日に開かれた北海道師範塾創立10周年記念冬季講座で吉田洋一会長は、講話の中でこう語る。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。