«
»

6年間の思い出を輪島塗りの沈金パネルに残す

6年間の思い出を輪島塗りの沈金パネルに残す

輪島市の全小学校で、学校生活や家族のことなどを卒業制作に描く

 石川県輪島市の教育委員会では、ふるさとの伝統文化に触れた体験を将来にわたり伝えていけるようにと、平成16(2004)年から市内の小学6年生全員に共通の卒業制作として、輪島塗の沈金体験を実施している。黒漆を塗ったパネルに学校生活や家族との思い出などを描き、専用のノミで彫り、最後に金粉を施す。鮮やかな出来栄えに子供たちは感動ひとしおで、貴重な体験となった。(日下一彦)

 卒業制作は昨年11月下旬に始まった。県輪島漆芸美術館の講堂に、各学校の指定日に集まり、半日かけて、輪島沈金業組合員の職人さんの指導の下で取り組んだ。パネルの大きさは縦12センチ×横13・5センチで、黒漆が塗られ、高級感たっぷりだ。そこに思い思いの絵を自由に描いた。学校生活や家族との思い出、好きな花や花言葉、かわいがっているペット、輪島港で水揚げされたタイやフグ、そして輪島の祭りに縁起物の七福神など、題材は自由だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。