«
»

コロナ禍を人工知能と共に生きる若宮正子さん

コロナ禍を人工知能と共に生きる若宮正子さん

85歳のプログラマー、米国アップル社の世界開発者会議にも特別招待

 1935年(昭和10年)生まれの85歳。若宮正子さんは“世界最高齢”の現役プログラマーだ。スマートフォンのゲームアプリ開発以外にも、服のデザインから地域活性化まで全国的に活躍しており、その姿は高齢者を励まし続けている。若宮さんは、先日、秋田市にぎわい交流館AU(あう)で行われた「令和2年度秋田市エイジフレンドリーシティカレッジ」(主催・秋田市)で講演した。(伊藤志郎)

 58歳からパソコンを始めた若宮さん。2017年2月、81歳の時にゲームアプリ「Hinadan」を公開。同年6月に米国アップル社の世界開発者会議に特別招待され、一躍注目を集めた。NPO法人ブロードバンドスクール協会理事、メロウ倶楽部副会長、熱中小学校教諭、エクセルアートの創始者と多くの肩書を持つ。この日も、自身がエクセルアートでデザインした服を着て、舞台を歩き回り講演する姿はとても85歳とは思えない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。