ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

OIST、コロナ禍乗り越え4ヵ月遅れの入学式

OIST、コロナ禍乗り越え4ヵ月遅れの入学式

18ヵ国・地域から過去最多62人、応募数1126人の狭き門

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)は1月15日、第9期生の入学式を沖縄県恩納村のキャンパス内で行った。日本国内では珍しく9月入学を採っているが、今年はコロナウイルス感染が世界的に拡大している影響で、延期を余儀なくされてきた。コロナ禍を乗り越えて来日し、入学が認定された新入生たちは今後5年間、地球規模の課題に取り組む。(沖縄支局・豊田 剛)

 今年度入学する学生は世界18カ国・地域から62人。2012年に第1期生を受け入れて以来、過去最多人数となった。世界中から1126人の応募があり、狭き門を通過できた新入生からは喜びの表情が見て取れた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。