«
»

乳幼児教育支援の在り方見直しを

高橋 史朗

「子育ての質」高める政策に 「非認知能力」「共感性」を育め

麗澤大学大学院特任教授 高橋 史朗

 菅総理は「自助、共助、公助、そして絆」という政策理念を掲げたが、自民党が昭和54年に「研修叢書(そうしょ)」として出版した『日本型福祉社会』と『家庭基盤の充実』が提示した政策課題について改めて見直す必要があるのではないか。

 先進国においては、すでに教育の重点が就学後から就学前にシフトしてきており、就学前の子供たちの家庭の内と外の育ちをいかに支援するかが重要な政策課題となっている。

本末転倒の無償化政策

 乳幼児教育の重要性については、「ルーマニアの棄てられた子供たち」を対象にした研究プロジェクトによって、アタッチメント(愛着)を剥奪されることによって、社会性の発達に長期的なダメージを受けることが判明した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。