«
»

沖縄・竹富町の教科書使用問題、地区離脱で収拾もしこり残る

地区離脱で収拾もしこり残る

単独採択の負担増に懸念も

 沖縄県の石垣市、竹富町、与那国町からなる八重山採択地区協議会の答申と異なる中学公民の教科書を竹富町が使用している問題で、県教育委員会は5月21日、地区から竹富町教委を分離することを決めた。6月6日にも離脱が正式に承認される見通しだ。混乱が続いた教科書問題はひとまず収束に向かうが、竹富町が行政・文化・経済の各分野で一体感の強い八重山地区から離脱することによる影響が懸念される。(那覇支局・豊田 剛)

 5月21日の沖縄県教育委員会定例会では、多くのマスコミと傍聴者が駆けつけた。満員の会議室に、宮城奈々教育委員長、諸見里明教育長を含めた6人の教育委員は、これまでの重苦しい雰囲気とは違って、清々した表情で入室した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。