«
»

テーマは“青春” 「和菓子甲子園」 が10月に開催

テーマは“青春” 「和菓子甲子園」が10月に開催

石川県の女子高生が考案した「幸せの菓子『恋つゝみ』」に“栄冠”

 今年10月に開かれた「第11回全国和菓子甲子園」(主催・全国菓子工業組合連合会青年部、東京)で、石川県白山市の県立翠星(すいせい)高校の女子生徒が考案した幸せの菓子「恋つゝみ」が“栄冠”をつかんだ。地元産の食材で作った3種類の餡(あん)を羽二重餅で包んだ甘酸っぱい食感で、香りも爽やかだ。神前に奉納する巻物をイメージしている。地元の和菓子店や観光連盟では、「ご当地菓子」として大々的に売り出したいと期待を込めている。(日下一彦)

 受賞した2人は食品科学コース3年生の巧(たくみ)ヒカリさんと2年生の小西愛実さん。担任の安川三和先生から応募を勧められ、6月から取り組んだ。途中、コロナ禍の影響で休校が続いたが、2人は構想を膨らませ、8月初めから本格的な制作に取り組んだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。