«
»

朝鮮学校無償化除外は合法で適切な判断だ。

 朝鮮学校の無償化除外は合法だという判決に対し、控訴をしていた問題で、10月30日福岡高裁で控訴棄却を言い渡しました。

 とても当たり前であり、妥当な判断だと思います。

>>>引用開始

 朝鮮学校を高校無償化の対象から外したのは違法として元生徒らが国に損害賠償を求めた裁判の控訴審で、福岡高裁は30日、原告の訴えを退けました。

 裁判では九州朝鮮中高級学校の卒業生68人が、2010年に導入された高校無償化制度で、政治的・外交的な判断によって朝鮮学校を対象外としたのは違法だとして、国に損害賠償を求めていました。

 控訴審判決で福岡高裁の矢尾渉裁判長は、「朝鮮高校には思想教育などの面で朝鮮総連の影響が及んでいるとみられ、無償化からの除外措置は国の裁量権の範囲内である」などとして、一審判決を支持し控訴を棄却しました。

>>>引用終わり

 非一条校(自動車学校や専門学校と同じ分類)である朝鮮学校が一条校である高校と同じ無償化の対象になったら逆におかしいでしょう。

 朝鮮学校は民族学校の性格上、日本の文部科学省の学習指導要領に則らないカリキュラムで教育をしており、基準を守っていない朝鮮学校が基準をきちんと守っている一般の高校と同じ扱いになることはあってはならないことでしょう。

 「金は出せ、言うことはきかん!」というこの論理は、全く理解できないのですが、日本学術会議の先生たちはどう思っておられるのでしょうね。

 自分たちの特別公務員の身分は認めろ、でも、政府の言うことは聞かないというのと全く同じ構図だと思います。

 この人たちには節操や恥というものがないのでしょうか。

 国に損害賠償を求める? それは北朝鮮政府ではないでしょうか。なぜ日本政府に?

 一条校となっている韓国学校は無償化の対象になっています。それは日本の文部科学省のカリキュラムにきちんと則って学校を運営しているからです。

 ですから、ここに政治的・外交的な判断は存在していません。あくまでもあくまでも学校教育法に則っての判断であり、日本政府が不当に差別などしておらず、ただの教育基本法の一条校か非一条校かに該当するかどうかの問題です。

 朝鮮学校は「日本語」の時間以外の日本語は禁止しており、朝鮮語の会話が義務付けられ、金王朝を賛美するような民族教育を順守することから一条校を受け入れていません。

 だから高校無償化の対象にならないだけです。

 だから不当な差別を受けているという前に、無償化を求めるならばそれに該当するような努力をすべきなのです。そこには差別も何も存在していません。

 個人的には、拉致問題が解決しなければ一切の支援はすべきではないと思います。

 でも、どうして朝鮮学校を無償化するように裁判をしているのでしょうか。せっかく誇り高い民族の歴史と言葉を教えているのなら、誇り高く日本政府の援助は受けないとしていた方が美しいと思うのは私だけでしょうか。

 朝鮮学校の生徒が日本の普通高校に進学すれば高校無償化の対象になるのです。これはこれで気持ち的にはスッキリ来ないところがありますが、でも、差別で子供たちを虐めているわけではないということを明確にしておくべきです。

 それを彼らは国際社会に向かって日本政府が国内のマイノリティに対して差別をしていると言わせないようにしておかねばなりません。

 こういう脇の甘さが将来の禍根につながります。反論すべきはきちんとしていきましょう。


「井上政典のブログ」より転載
https://ameblo.jp/rekishinavi/

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。