«
»

沖縄・名護市で引きこもり・就労支援施設を経営

沖縄・名護市で引きこもり・就労支援施設を経営

自身の体験から「アトリエみらい」を造った東邦治理事長

 引きこもり・就労支援相談員の東邦治(あずまくにはる)理事長は沖縄本島北部の名護市で障害者のための就労支援施設を営んでいる。コロナ禍で経営が悪化している中、無農薬野菜の生産・販売で活路を見いだしている。(沖縄支局・豊田 剛)

 東さんが経営する障害者のための就労支援施設「アトリエみらい」には、名護市と近隣の町村から知的障害者ら32人が通っている。のどかな田園風景の中にあり、おしゃれなカフェが併設されている。自らコーヒー豆を焙煎(ばいせん)し、自家製のジェラートを提供している。近隣地域の人々や本州各地からの観光客にとって憩いの空間となっている。

 東さんが福祉施設を営むことになったきっかけは、自身の息子が中学校の時に引きこもりになったことだ。勉強についていけなくなり、次第に不登校になった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。