«
»

米国の大学制度と大学改革

大藏 雄之助1

認可、評価、入試に違い

評論家 大藏 雄之助

 日本の常識は外国では非常識と言われるが、国際的に比較すれば、日本の大学制度が特異の存在であることがわかる。ただし、ヨーロッパの高等教育機関はほとんどが国立または国立に近い公立であるから、ここでは主として、多数の私立のあるアメリカの大学を対象としたい。

 4年制大学の数はいずれも概数で、アメリカの場合州立が500、私立がその2倍の1000。日本は国公立が150、私立がその4倍の600。

 私立大学は日米ともにピンからキリまでさまざまだが、わが国ではすべて大学設置審議会の2年間の審査を経て文科大臣から認可のお墨付きを得ている。私は新学部設置の委員長をしたので、その間の事情はよく知っている。文科省が調べるのは、募集予定学生に対する適正な校地・校舎面積、十分な教育施設(図書数を含む)、理事者・教員の陣容、そして最も重視するのが、長期にわたって存続可能の見通し、である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。