«
»

全国でも珍しい養蚕授業で“命の大切さ”を学ぶ

全国でも珍しい養蚕授業で“命の大切さ”を学ぶ

石川県津幡町の県立津幡高校で、今月初めにスタート

 石川県津幡町の県立津幡高校では、全国でも珍しい養蚕の授業が行われている。学んでいるのは総合学科園芸系列の2年生約30人で、今月初めにスタートした。生まれたばかりの蚕(かいこ)の幼虫に桑の葉を与えて、餌やりなどの飼育方法と“命の大切さ”を学んでいる。4回目となる18日の授業では、体長1センチほどに育った幼虫を観察して、前回との色や大きさの違いをスケッチし、順調に成長していることを学んだ。(日下一彦)

 同校は養蚕をルーツとする学校で、1924(大正13)年に設立された「河北(かほく)農蚕学校」に始まる。2024年に創立100周年を迎えることから、7年前に「養蚕復活プロジェクト」を起こし、授業や部活動で養蚕を取り上げ、校内の農場では桑の木を栽培している。現在、700本余りが育っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。