«
»

どう対応する? 臨時休校で生まれた”教育格差”

どう対応する? 臨時休校で生まれた“教育格差”

コロナ対策や新学習指導要領対応で課題が山積の学校現場

 今年は、2週間程度というこれまでにない短い夏休みが終わった。新学期は新型コロナウイルス拡散防止のもとに行われた1カ月近い臨時休校による学業の遅れが顕著になった。また、それによって生まれた“教育格差”をどのように埋めるのか、学校のクラスター化防止策の実施、新学習指導要領にどう対応するか、学習の基礎を学ぶ期間が失われた児童・生徒にどのように接するか、学校現場や保護者には課題が山積している。(太田和宏)

 小中高校の教育現場では、新型コロナウイルス感染防止に向け、手洗い、マスク着用、教室や体育館、校庭での3密回避など、さまざまな対策を取ってきた。だが、一人も感染者を出さない、という対策は難しい。文部科学省は新型コロナを「正しく知って、正しく恐れる」ためのマニュアルを提供している。学校の教師が児童・生徒指導用として使えるように、図入りで細かく説明している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。