«
»

新型コロナの影響下で、教育のあり方を考える

新型コロナの影響下で、教育のあり方を考える

沖縄県浦添市で開催された「学習を止めるな!」シンポ

 社会全体が新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている問題で、教育現場の課題や今後の教育のあり方を考えるシンポジウム「学びを止めるな!コロナ対策とギガスクール構想」がこのほど、沖縄県浦添市で開かれた。コロナ禍で新年度が始まるまでの子供たちの自宅での過ごし方、オンライン学習について意見が交わされた。(沖縄支局・豊田 剛)

 主催者の嵩元(たけもと)盛兼浦添市前教育長は、「コロナウイルスの第2波、3波がいつ来るか分からない中、学校現場や家庭内で、早急に課題を共有したい」と意気込みを語った。また、「今の時代、失敗する勇気があるかが問われる」と述べ、失敗を通して学ぶことを恐れないよう激励した。

 「2カ月学校が休みで最初は喜んだが、退屈だった。しかし、いざ学校が始まると面倒になってきた」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。