«
»

コロナ後の働き方改革 一極集中排し、分散、住み分けを

《 記 者 の 視 点 》

 新型コロナウイルスの感染で今年の上半期、世の中はすったもんだとなった。私自身もコロナウイルスの拡散予防ということで、学校現場における「教員の働き方改革」の講演が中止になった。

 弊紙の熱心な読者である甲状腺科の専門病院である東京・原宿にある伊藤病院の伊藤公一院長が、昨年9月4日付「教員の働き方改革~“チーム学校”で授業改革を」読んで、「医療現場の働き方改革と通じるところがある」と筆者の所に講演の依頼が来た。だが、2月上旬の検査技師を対象とした講演は開催されたが、2月末の医師を対象にした講演が中止になってしまった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。