«
»

新しい発想で介護・農業の人材不足解消に貢献

新しい発想で介護・農業の人材不足解消に貢献

軽度知的障害者支援施設「はらから蔵王塾」の取り組み

 特別支援学校を卒業した軽度知的障害者を対象に、人材不足が深刻化する介護現場や、後継者不足の農業生産現場で活躍する人材の育成に4年間にわたって取り組む、障害者カレッジともいえる新しい発想の福祉事業所「はらから蔵王塾」が平成28年4月から、宮城県刈田郡蔵王町で始まった。東北初、全国でも珍しい取り組みだ。(市原幸彦)

 場所は、蔵王連峰の麓に建つ貸し別荘「蔵王山水苑」の一角。4月には2人の新塾生を迎え、現在15人の塾生が通い学んでいる。塾を運営しているのは、社会福祉法人はらから会(本部=宮城県柴田郡柴田町、武田元理事長)。「はらから」は同胞のこと。「高齢者も若者も障害のある者もない者も、誰しもが安心して暮らせる町づくりを目指しています」と小熊久男塾長。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。