«
»

秋田県の「探究型授業」をタイに発信し交流を

秋田県の「探究型授業」をタイに発信し交流を

5年間にわたり「教育資産を活用した海外交流促進事業」

 小・中学校の全国学力・学習状況調査でトップクラスの成果を続けている秋田県は「探究型授業」をタイに発信し交流を深めようと、平成27年度から5年間にわたり「秋田の教育資産を活用した海外交流促進事業」を続けている。県の教員関係者延べ65人をタイに派遣し地元の教師と授業づくりをする一方、タイの教育関係者ら多数が秋田の小・中学校などを視察。また、タイでは教員延べ850人以上が同授業の研究会に参加した。大学での教員研修も実施しており、タイでは今後、この授業方式を広く教育現場に根付かせたいとしている。(伊藤志郎)

 小・中学校の全国学力・学習状況調査で、秋田県は毎年、全国トップクラスの結果を出し続けている。その根幹をなすのが「秋田の探究型授業」(Akita Action、以下AA)だ。

 県では海外交流促進事業を展開する中で、タイの教育関係者と出会い、AAを通しての教育連携と交流を進めてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。