«
»

石川県出身の文芸家・加賀大介の秘めた想い

石川県出身の文芸家・加賀大介の秘めた想い

夏の高校野球大会歌「栄冠は君に輝く」、真の作詞者

 夏の高校野球で、甲子園球場に流れる大会歌の「栄冠は君に輝く」は、球児たちを奮い立たせ、高校野球ファンの胸も熱くする。作曲は、現在放送中の朝ドラ「エール」の主人公・古関裕而(1909~89)、作詞は文芸家の加賀大介(1914~73)だ。歌詞を読むと、いちずに白球を追い掛ける若人の姿が生き生きと表現され、作詞者の想(おも)いを伝えている。(日下一彦)

 今夏の第102回全国高校野球選手権大会は新型コロナの影響で、中止となる公算が大きい。主催する日本高等学校野球連盟では、20日、大会運営委員会を開き、最終決定する方針だ。残念なことではあるが、現状では、中止はやむを得ないだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。