«
»

福島3市町村と市川市が学校給食で食文化交流

福島3市町村と市川市が学校給食で食文化交流

福島原発事故による風評被害の払拭へ、広がる安心の「輪」

 東京電力福島第1原発事故による風評被害が依然として残る中、千葉県市川市の全ての公立小中学校の給食で、福島県の喜多方市、西会津町、北塩原村の3市町村産のコメの提供が昨年4月から続けられている。福島県産米の品質と安全性が評価され、千葉県市川市産のナシを提供してもらい、食の相互交流を通して、安心して喜んで食べてもらう“輪”が広がっている。(市原幸彦)

 市川市と福島県の3市町村は、災害支援をはじめ多分野において相互に連携・交流を図るため、平成30年9月に相互交流協定を締結している。その中の学校給食食育交流事業は、3市町村と市川市の食育を通した交流の一環で、市川市は、公立小中学校55校で3市町村産のコメを給食に取り入れている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。