«
»

漆芸作家を目指す研修生の力作が並ぶ作品展

漆芸作家を目指す研修生の力作が並ぶ作品展

石川県立輪島漆芸技術研修所の卒業生が製作した28点展示

 伝統工芸の漆芸を学ぶ石川県立輪島漆芸技術研修所(輪島市)の卒業生による卒業作品展が、このほど金沢市の「しいのき迎賓館」で開かれた。今回で53回を数え、会場の1階ギャラリーAには、高度な技を習得し、作家を目指す研修生のみずみずしい力作が並び、来場者の感動を呼んだ。(日下一彦)

 同研修所は、減少傾向にある重要無形文化財保持者(人間国宝)の高度な漆芸技術の伝承者を養成する施設で、2年制の特別研修課程と3年制の普通研修課程から成る。特別研修課程は基礎から作品作りまでを幅広く学び、未経験者でも入所できる。高校や大学で漆芸に触れた研修生が多い。1年目は漆芸全般を学び、2年目に専門に入る。

 漆芸を教える研修所は、輪島市ともう一つ、香川県高松市の県漆芸研究所の2カ所あり、研修生は全国から来ている。輪島には今年3月の卒業時点で49人が入所し、中国や台湾からの研修生も数人学んでいる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。