«
»

広がるJリーグ「ベガルタ仙台」のエコ活動

広がるJリーグ「ベガルタ仙台」のエコ活動

ごみの分別で減量化に取り組む、一般のイベントにも拡大

 宮城県仙台市をホームタウンとするプロサッカーチーム・ベガルタ仙台は、ごみの分別を通じて減量化に積極的に取り組んできた。他のJリーグチームにとどまらず、プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスなど他のスポーツ団体にも影響を与えている。仙台市では一般団体へのエコステーションキットの無料貸し出しを行い、一般のイベントにも拡大。ごみ減量・リサイクルを支援している。ボランティア育成や子供のエコ教育にもつながる。(伊藤志郎)

 ベガルタ仙台のホーム・仙台スタジアム(2003年当時)では、観客が持参した飲食品の包みや容器などをスタジアムで捨て帰る。そのため、1試合で500袋のごみが発生し処理問題が深刻さを増していた。その処理費用は毎回約10万円。ボランティアの労力だけでは処理が追い付かない状態になっていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。