«
»

「引きこもり」全国ワースト1位の沖縄でシンポ

「引きこもり」全国ワースト1位の沖縄でシンポ

訪問支援員の人材育成が急務、寄り添う姿勢が安心感生む

 学校にも仕事にも行かず自分の部屋に閉じこもる「引きこもり」が日本全国で100万人を超えるとみられ社会問題になっている。沖縄県の推計では少なくとも15~39歳の引きこもり者数約6800人、40~64歳約7000人で、県民100人に1人の割合だと見積もられている。佐賀県を中心に全国の引きこもり問題を解決してきた専門家や引きこもり当事者を交え、当事者目線で引きこもりの解決策を考えるシンポジウムが1月25日、那覇市の沖縄大学で開かれた。(沖縄支局・豊田 剛)

 「ひきこもった子どもと親たち」と題する公開講座(主催・沖縄大学地域研究所)が1月25日、沖縄大学アネックス共創館で開催され、引きこもり解決に取り組む認定NPO法人スチューデント・サポート・フェイスの谷口仁史代表理事が講演した。谷口氏は、専門職が訪問支援する「アウトリーチ」をいち早く取り入れ、引きこもり解決の“請負人”として全国から引っ張りだこだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。