«
»

スポーツ・文化・観光、3庁連携で海外に発信を

スポーツ・文化・観光、3庁連携で海外に発信を

石川県金沢市で「スポーツ文化ツーリズムシンポジウム」

 スポーツ、文化、観光の3庁連携による「第4回スポーツ文化ツーリズムシンポジウム」が、このほど石川県金沢市で開かれた。スポーツと文化芸術資源を結び付け、地域ブランドの確立を目指す取り組みで、過去3回は都内で開かれたが、今回は初めて地方で開催された。トークセッションでは、3庁の長官らが外国人の誘致に向けて、取り組みや展望を語った。(日下一彦)

 文化庁の宮田亮平長官、観光庁の田端浩長官、スポーツ庁次長の瀧本寛氏の3氏が登壇し、今夏の東京五輪と来年5月に関西一円で開かれる生涯スポーツ国際大会「ワールドマスターズゲームズ2021関西」を見据えた各庁の取り組みや展望を語った。スポーツ庁の鈴木大地長官はインフルエンザのため欠席し、代わって同庁次長の瀧本氏が出席した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。