«
»

地域づくりの核、民俗伝統芸能の振興・継承を

地域づくりの核、民俗伝統芸能の振興・継承を

実演と継承の意義について、道教委が小樽市でシンポジウム

 本州の他府県に比べると歴史の浅い北海道であっても地域の中に伝統芸能はしっかりと息づいている。人口減少や少子高齢化が進む地方にあって伝統芸能は地域づくりの核になると北海道教育委員会はこのほど、「ほっかいどう民俗芸能伝承フォーラム」を開催し、地域に根付く伝統芸能の実演と継承の意義などについて話し合うシンポジウムを行った。(札幌支局・湯朝 肇)

 「地域に長く根差す伝統芸能は、災害などさまざまな困難にあっても地域を盛り返させる力を有しています」――こう語るのは、NPO法人民俗芸能を継承するふくしまの会理事長の懸田弘訓(ひろのり)氏。12月1日、小樽市公会堂で開かれた「ほっかいどう民俗芸能伝承フォーラム」の講師として招かれた懸田理事長は、2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波や福島第1原発事故で壊滅的な被害を受けた相馬市や南相馬市、浪江町などの同県沿岸部の町々の様子に加えて、復興に向けて地域の伝統芸能が大きな力になっている点を紹介した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。