«
»

台湾人球児で沖縄尚学2年の張博瀚さんが優勝の快挙

台湾人球児で沖縄尚学2年の張博瀚さんが優勝の快挙

第29回九州地区高等学校英語スピーチコンテストで

 第29回九州地区高等学校英語スピーチコンテスト(九州地区英語教育研究団体連合会主催)が11月2日、福岡県で開催され、沖縄尚学高校(沖縄県那覇市)2年の張博瀚(はくかん)さんが優勝した。台湾人でかつ、野球部の体育系コースの生徒が優勝するのは前例がない。居心地の良い環境から抜け出そうというメッセージは多くの人々の共感を呼んだ。(沖縄支局・豊田 剛)

 沖縄尚学高校は、地球的課題の理解と解決を目指すグローバル教育に力を入れており、英語教育においては沖縄県内でも定評がある。同校はこれまで同スピーチコンテストのバイリンガル部門で4人の優勝者を輩出している。張さんの場合はこれまでと事情が違う。継続して6カ月以上英語圏に居住したことがないノンバイリンガル(非英語圏)の部門で優勝した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。