«
»

能楽師が指導、「土蜘蛛」に取り組む「鎌倉こども能」

能楽師が指導、「土蜘蛛」に取り組む「鎌倉こども能」

稽古場に凛とした空気、「一生の宝となる貴重な経験」

 神奈川県鎌倉市では次代を担う子供たちに、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されている伝統芸能の能楽を通して、日本古来の行儀や作法を学んでもらおうと、昨年度から「鎌倉こども能」事業をスタートさせた。一流の能楽師の指導の下、能「土蜘蛛(つちぐも)」を稽古し、今年3月には保護者や市民を前に練習成果を披露する発表会を開いた。引き続き今年度も12人の子供たちが、来春の本番を目指して練習に励んでいる。(日下一彦)

 「鎌倉こども能」は市内在住・在学の小学4年生から中学生が対象で、昨年度は11人(定員は15人)が、平日の夕方から夜間にかけて、夏休みと冬休みを含めて、本番まで合わせて20回余り稽古を積んだ。今年度も同程度の稽古が予定されている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。