ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

竹富町の違法教科書使用、石垣市の革新市長候補を沖縄紙が後押し

◆反育鵬社で違法採用

 沖縄県竹富町が法律に違反し勝手に採択した教科書を使っている問題で、下村博文文部科学相が地方自治法に基づいて是正要求を行った。国が市町村に直接発動するのは初めてのことだ。

いったい何が起きているのか。教科書無償措置法は採択地区内の教育委員会で同一の教科書を採択するよう求めており、沖縄県石垣市・与那国町・竹富町から成る八重山地区の採択協議会は2011年夏に育鵬社の公民教科書を使うことを決めた。

この教科書は改正教育基本法に従い、愛国心や国の主権、領土に関する記述が充実しており、尖閣諸島を抱える八重山地区にふさわしいと評価されたからだ。ところが、左翼勢力はこれが気に入らない。

とりわけ反育鵬社キャンペーンを張っていた地元紙、琉球新報(以下、新報)と沖縄タイムス(同、タイムス)は猛反発し、沖縄県教組(沖教組)や左翼団体とともに「採択やり直し闘争」を始めた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。