«
»

「日本の子どもの眠りがあぶない!」

「日本の子どもの眠りがあぶない!」

千葉県柏市で「『すいみんの日』市民公開講座」を開催

 9月3日の「すいみんの日」にちなんで「日本の子どもの眠りがあぶない!」と題した市民公開講座が江戸川大学と柏市の共催で千葉県柏市のアミュゼ柏で開かれた。睡眠不足による子供への弊害、改善への“処方箋”について来場者と共に学んだ。公開講座の最後に講演者らによるパネルディスカッションが行われた。(太田和宏)

江戸川大教授の福田一彦氏

 OECD加盟国の中でも、日本、韓国が群を抜いて、ここ数年、睡眠時間の短い方を独占している。大人の睡眠時間が短いのに、つられて、子供の睡眠時間も、世界的な平均より1~2時間短くなっている。米国睡眠財団の研究では3~5歳で10~13時間、6~13歳で9~11時間が理想的とされる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。