«
»

東大の入試制度改革の混迷

大藏 雄之助

9月入学挫折し多様化

評論家 大藏 雄之助

 日本の大学は制度疲労をきたしており、入試の方式を含めて文科省も種々提案しつつあるが、その契機となったのは東大だったから、今回はそれをとりあげたい。

 ほぼ2年前の2012年1月20日に東大が『入学時期の在り方に関する懇談会』の中間報告(本文・附属資料とも31ページ)で、国際的な学事暦に合致するように、5年後に秋入学に移行することを提言した。

 この発表では、入学試験と合格決定は従来通り3月に行うが、実際の入学と授業開始は9月とし、入学予定者はそれまでの半年間の「ギャップターム」を各自、短期海外留学なりボランティア活動なりに有効に活用するようにという、常識では理解しがたいものだった。経済的に裕福でない家庭の子女は、学生の身分もないままにアルバイトを強いられ、さらに大学卒業後4月の就職まで半年間も無収入になるおそれがあった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。