ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

「あなたの知らない筋肉の世界」 サルコペニア予防の鍵は「白筋」

「あなたの知らない筋肉の世界」 サルコペニア予防の鍵は「白筋」

維持のために日常生活の中で鍛錬を

順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科・町田修一教授

 高齢の健康長寿を維持・改善するには筋肉の量を保つことが必要だ。それには高い筋力を出す白筋を増やすための「過負荷な運動」が不可欠だ。「今、筋肉が熱い!?~あなたの知らない筋肉の世界~」と題して、このほど、老年学・老年医学公開講座(主催・東京都健康長寿医療センター)が練馬文化センターで行われた。順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科の町田修一教授は「筋活で延ばす健康寿命 今からでも遅くない筋肉づくり」と題して講演した。

 骨格筋の働きは、①体を動かしたり・支えたり②力を出す③糖の取り込み④四肢の末梢(まっしょう)静脈血管から心臓に血液を送り返すポンプの役目⑤免疫機能の手助け⑥アミノ酸の貯蔵⑦体温の維持・基礎代謝⑧ホルモンの産生⑨水分の貯蔵――など多岐にわたっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。