«
»

海岸の漂着ごみや漁具・流木などで美化を啓蒙

海岸の漂着ごみや漁具・流木などで美化を啓蒙

富山県氷見市の海浜植物園で「漂着物アート展」

 海岸に流れ着いたごみや漁具、流木などを使い、芸術作品に仕上げた「漂着物アート展2019」が、富山県氷見市の海浜植物園で開かれ、地元の大学生と小学生の作品30点余りが展示された。いずれも創造性を発揮した凝った力作ぞろいだが、素材が大きな社会問題になっている漂着ごみとなると、考えさせられる。入賞した幾つかの作品を通して、制作に込めた彼らの思いを紹介する。(日下一彦)

 「漂着物アート展2019」は、漂着物のほとんどが日常生活のごみであることを知ってもらおうと、(交財)環日本海環境協力センター(NPEC=富山市)などが2007年から毎年、環境月間の6月に開催している。今年は氷見市の海浜植物園1階の特設ギャラリーで先月30日まで開かれ、富山大学芸術文化学部の学生と地元の氷見市立窪小学校4年生の作品が展示された。芸術文化学部の長田堅二郎講師がプロデュースを務め、大学生は7人が出展した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。