«
»

「生活科教育研究会」春の定例会

「生活科教育研究会」春の定例会

「生小応援団」設立しサポート 児童の深い学びにつなげる

秋田県仙北市立生保内小・三浦和義研究主任

 「生活科教育研究会」の春の定例研究会がこのほど、渋谷区立千駄谷小学校で開かれた。秋田県仙北市立生保内小学校の生活科研究主任の三浦和義氏が「地域とつながる生活科(低学年)・総合的な学習(中・高学年)の時間の実践」を報告、文部科学省初等中等教育局教科調査官の渋谷一典氏が「学びをつむぐ生活・総合の授業の創造」と題した講演(次回掲載)が行われた。全国各地から先生が集い、熱のこもった研究会となった。

 秋田県仙北市は田沢湖、駒ケ岳、県内屈指の観光地で年間600万人が訪れる観光都市。玉川温泉、角館の武家屋敷、枝垂れ桜など自然や歴史があり、人のぬくもり、優しさなどの観光資源に恵まれている。生保内小学校は全校生徒202人、学級数9(特別支援学級2を含む)、教員・職員数27人の小学校だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。