«
»

地域と共に生きる教師必要

北村善春氏

人口減少時代の教育

北海道立教育研究所所長 北村 善春氏に聞く

 人口減少時代に入り、地域の児童生徒数は自(おの)ずと低下していく。人口減少、若者の流出を食い止めるには魅力ある地域の街づくりが不可欠だが、同時に教育機関の整備充実が欠かせない。北海道は他の府県と違ってへき地校、小規模校の割合が高い。そうした中で質の高い教育を施すにはどのような手立てが必要なのか、北海道立教育研究所の北村善春所長に聞いた。 (聞き手=湯朝肇・札幌支局長)

全国的に少子高齢化による人口減少が進んでいますが、北海道においてもその影響は教育の分野にも及んでいると思います。現在の北海道で人口減少が教育の現場でどのような影響を及ぼしているでしょうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。