«
»

アエラが主張する児童相談所の役割を軸とした児童虐待防止策には限界

◆17年からDVで相談

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛さんが死亡して、両親が傷害容疑で逮捕された事件について、アエラ2月18日号は「救えるチャンス」と題し扱っている。「児童相談所も、市役所も、学校も、虐待する父親の言いなりになった。どうすれば子どもを救えるのか。児童相談所のあり方が問われている」というリード文。

 既に2017年7月上旬には、心愛さんの母親の親族が、父親の恫喝(どうかつ)や家庭内暴力の悩みを地元自治体に通知している。家族は同年、千葉県野田市に転居。心愛さんは、その年の11月に、小学校のアンケートで「お父さんにぼう力を受けています」と訴えた。

 これに対し千葉県柏児相が一時保護を開始したが、約3カ月後の翌18年2月下旬に児相は心愛さんを自宅に戻す決定をし、3月上旬に両親の元に帰した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。