■連載一覧
  • 緊急事態と憲法 私の提言
  • WHOトップ解剖 テドロス氏とは何者か
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 2020/5/01
  • 2020/4/20
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2020/1/01
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/11/04
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    尾木ママという日教組の申し子がやっぱり発言した!

     きっとこの人はこういうだろうなと思っていました。

     >>>引用開始

     尾木ママ 暴行教師に同情の余地認めるも「教師が挑発に乗って体罰なんてダメ!」
                 2019年1月21日 14時53分 東スポWeb

     教育評論家の尾木直樹氏(72)が20日、ブログを更新し、15日に東京・町田市の都立高校で起きた50代教師による男子生徒への暴行問題に言及した。

     教師の暴力が批判される一方で、被害生徒の仲間が動画を撮影しながら「ツイッターで炎上させようぜ!」と話していたことが判明。目上の人への聞くに堪えない暴言も含めて教師の責任だけとは言えない状況となり、賛否両論が巻き起こっている。

     尾木ママは「生徒が悪いし体罰も理解できるーー 教師はただ耐えるしかないのか? って気持ち良く分かります!」と前置きしつつも、悪いのは教師と断定。

    「しかし教師に同情の余地はあっても暴力を振るうのではなく生徒を落ち着かせ挑発させないようにリードする難しい指導を求められているのが学校なのです!」と暴力ではなく、話し合いが必要だったと訴えた。

     殴った教師は生活指導担当のベテランで、熱心な指導で知られ、他の生徒からの人望も厚かった。ただ、尾木ママの基準なら、いかなる前段があったとしても「資質」を満たしていなかったことになる。

    「1人の教師ではなくチーム学校力発揮して反抗期の問題生徒の対応に当たっているのが学校です 簡単に生徒の挑発に乗ってしまうとーー後が大変 学校としての指導力が一気に落ちてあとの指導が機能しなくなってしまう危険もあるからです!」と安易に挑発に乗ることの危険性を指摘。

    「暴力を振るわないで指導できる力つけるのが学校には求められているのです! 教師の体罰では無力なのです!」と教育評論家としての立場で主張した。

    >>>引用終わり

     昨日も書きましたが、「暴力=悪」という価値観を植え付けた戦後の教育者の一人です。日教組の代弁者でもあります。

     この問題を起こした生徒は、学ぶ立場で教える立場の教師に「暴言」を吐いたことがこの問題のポイントだと思っています。

     「暴言」とは「暴力的言動」です。つまり、言葉の暴力を際限なく教師に浴びせかけているのです。

     教わる立場の生徒がこの言動をするということに対して、教師側は指導をしなければなりません。教わる立場というのはどういうことなのかと。

     ここを無視して議論を進めることがどれだけ社会的におかしくしてきたのかをいままで議論してきませんでした。

     問題の根本は何か?議論の前提は何かを考えていないのです。

     教わる立場の生徒が知識や社会的常識を学ぶために学校に行くものだと私たちは思っています。だから、教わる立場として教えていただく先生に対して敬意を表し、真摯な態度で話を聞くというのは基本中の基本です。

     保育園に孫を迎えに行ってそっと窓から孫やその友達の様子を見ると、先生が読んでくれている絵本にみんな集中しています。その集中を壊さないために、こそっと覗いているのですが、よそ見をした子供が私を発見し、ジィジがお迎えに来ているよと孫に教えるのです。

     すると孫は先生の顔を一瞬見て許可をもらい、一目散に私の方へ走って抱き着いてきます。この時の表情がかわいくて仕方ないのですが、その他の子供たちはまた先生の絵本に集中しています。

     3歳の子供でさえも、学ぶというのはこういうことだと思います。ましてや16歳にもなる高校一年生が先生に向かって暴力的言動をすること自体が間違っていると思っています。またそれを動画で撮影している仲間がいること自体が異常ですね。

     そういう学校なのでしょう。

     そういう学校でも、熱心に生徒を指導されている先生だと聞いています。だから生徒たちの信頼も厚いのでしょう。

     昨日のブログに寄せられた多くのコメントにも、学生時代に殴られた先生の顔はよく覚えていて懐かしいとありました。

     私も学校外へ昼食に行き、返ってくると生活指導の先生に遭遇しました。にこにこと笑い、足を開け、歯を食いしばれといって殴られたのです。そのあとは、笑顔で行ってよしといわれ、次の違反した生徒を殴っていました。

     グーパンチで顔を殴られたのは初めてだったので、びっくりしましたが、校則違反をしたんだとそこで理解し、別にその先生を恨んだこともありません。むしろ良き高校時代の思い出でした。その先生も手加減をうまくしているので別にけがなどはしていません。

     中学校までは父の後輩や知人が先生をしていたので、どちらかというと特別扱いをされていたので、とても新鮮でした。

     ただ、ルールを破れば制裁されるということがわかり、破る際は覚悟を決めてからしなければと気付かせてくれました。そしてもし、学校の先生の息子である私が警察沙汰などになったら親父にとても迷惑をかけることになるという社会のルールを気付かせてくれたのです。

     その後、高校時代は自堕落な生活に明け暮れ、ろくに勉強もしませんでしたが、警察のお世話になるようなことはほとんどしませんでした。

     あの時にもう少しちゃんと勉強をしていたらという後悔はありますが、あれをしなければよかったという後悔は全くありません。

     「暴力=悪」という絶対法則が定着してからは、何が何でも手を出した方が悪いとなり、こういう指導を受けることもなく、その都度ケースによって変化する線引きがどこにあるのかということも分からない子供たちが増えているのではないでしょうか。

     そしてそのような教育環境で育った教師たちも殴る加減や叱るタイミング、そして効果的な生徒指導ができなくなってきているのではないでしょうか。

     一番不幸なのは、子供たちです。

     昔は怖い大人がいて、悪いことをするときは隠れてしていました。でも、東京にいる時は高校生が電車の中で堂々と煙草を吸おうとしたために、注意したのですが、口論になり、相手を数発殴った経験があります。幸いにしてそいつは駅員室に行こうとしたときに逃亡したので有耶無耶になりましたが、二度と電車内でタバコを吸おうとはしていないはずです。

     怖い大人が社会にいるからある程度抑止された来たものが、大人をなめ切った態度でも許されるから今回のような事件になったと思います。

     社会の基本的ルール、3歳の子供でも分かるルールがわかっていないガキには、きちんと教えてあげることが大人としての責任だと思し、覚悟だと思います。

     それを放棄してきれいごとばかり言っていてもちっとも社会は良くならないし、どんどんおかしくなっていくと思います。

     私の友人には見るからに強面の人たちがいますが、私のように品の良い紳士は粗暴なガキどもには優しく接しようと思いますが、通じない時は、ある程度の愛のムチは仕方ないかなと思っています。もちろん反撃されるリスクも背負います。ただそれだけの覚悟をもって子供たちに接するとほとんどのケースで通じます。

     だからいつもうちの町内で深夜パトロールを仲間とともにしても何も起きないし、平穏そのものです。これが地域を守り、そして国を護るということにつながることだと思っております。

     現場の先生方もぜひご意見をお願いします。


    「井上政典のブログ」より転載
    https://ameblo.jp/rekishinavi/

    8

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。