ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

今年度の環境美化教育最優秀校に、30年続く「海浜クリーン作戦」

30年続く「海浜クリーン作戦」、海洋ゴミ問題で新聞制作も

海洋ゴミ問題で新聞制作も、石川県かほく市の市立七塚小学校

 石川県かほく市の市立七塚(ななつか)小学校(坂本由紀子校長)では平成2年(1990)から4年生が中心となり、毎年6月下旬に砂浜の美化運動に取り組んでいる。地元の人たちも巻き込んだ活動で、漂着ごみを回収する一方、前年とのごみの違いを調べ、それを新聞にまとめて全校に報告している。こうした独創的な活動が認められ、今年度の「環境美化教育最優秀校」に選ばれた。(日下一彦)

 七塚小学校は日本で3番目に広い内灘砂丘(内灘町)から、能登半島を北に伸びる砂浜に面し、学校の裏手には木津(きづ)海水浴場が広がっている。校舎から徒歩数十歩、1分以内に砂浜に出られるのが自慢の一つだ。浜遊びやマラソン大会など学校行事に活用され、子供たちにとって親しみ深い場所だが、近年は漂着ごみが目立ち、砂浜の幅も随分狭くなっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。