«
»

沖縄の地域性・優位性を生かして「英語立県」を

沖縄の地域性・優位性を生かして「英語立県」を

那覇市で英語教育シンポジウム

 国際性と多様な能力を育む教育システムの構築が求められている現在、沖縄県では地域振興に貢献できる人材の育成や世界との交流ネットワークの構築、国際感覚を有した人材育成の形成が喫緊の課題となっている。こうした中、沖縄の地域性・優位性を生かした英語教育について考えるシンポジウムがこのほど那覇市で開かれ、国際言語としての英語を身に付けることの重要性が強調された。(那覇支局・豊田 剛)

 2011年度より小学校で英語教育が必修となったことを受け、沖縄教育委員会は同年9月、「英語立県沖縄」構想を発表。12年度より「英語立県沖縄推進戦略事業」を展開している。具体的には、「県内中高生の英検合格率日本一」を達成目標として、「交流・体験」をキーワードとしながら中学生英語キャンプなどの取り組みを行っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。