«
»

北前船の寄港地をテーマにミニ新聞にまとめ発表

北前船の寄港地をテーマにミニ新聞にまとめ発表

日本遺産認定・秋田県由利本荘市の小学生

 「もし北前船が来ていなかったら、今のような町の発展はなかった」「どんな人が乗っていたのか、もっと調べてみたい」-江戸時代から明治時代まで、北前船の寄港地だった秋田県由利本荘市の小学生が、自分たちで調べて考えた内容をミニ新聞にまとめて発表した。(伊藤志郎)

 このほど、秋田県由利本荘市の文化交流会館カダーレで開かれた「北前船寄港地あきた交流セミナー」でのことだ。日本財団と、政府の総合海洋政策本部、そして国土交通省の旗振りのもと、オールジャパンで推進する「海と日本プロジェクト」の一環。

 2017年4月に、日本遺産として文化庁から「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」として寄港地38自治体が認定された。この新聞作りはそのうちの15自治体の小学校で行われたもので、由利本荘市はその一つ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。