«
»

「学問の自由」妨げる教育者

ロバート・D・エルドリッヂ

学生に新しい情報与えず 意見異なる講師の講演を拒否

エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 最近、国内の二つの大学で学生に講義するという機会を与えられたものの、拒否されるという非常に不快な経験をした。一つは名古屋市にある公立大学で、もう一つは福岡県内の私立大学だ。両方の経験は似ているが、後者を中心に述べたい。

 筆者は作家として受賞歴があり、大阪大学の准教授も務めた。今でも学術面での関係を維持している。国際基督教大学、北海道大学、首都大学東京、立命館アジア太平洋大学、法政大学、沖縄国際大学とも連携している。大学での講演には慣れているし、学生や若者と交流するのも好きだ。

 米国、アジア、欧州を訪れた際には、現地の大学を訪問し、講演や講義をし、若者と会うようにしている。今年2月1日付の本稿「日本は広報文化外交に力を」の中でこれらの経験について書いた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。