«
»

収穫までの苦労と喜び実感、秋田県全域の小中学校で学校農園

秋田県全域の小中学校で行われる「学校農園」

展示物にみられる子供たちの創意工夫

 カボチャ、ジャガイモ、米などを育てる学校農園の活動が秋田県全域で行われている。単に農作業体験ではなく、作業工程を写真とメモで記録したり、販売から新商品の開発まで行ったりと、子供たちの創意工夫がみられる。苦労して育てた時の感動はもちろん、地元愛の育成もキーポイントとなっている。(伊藤志郎)

 秋田県内の、主に小中学校を対象とする学校農園の活動発表が、このほど秋田拠点センターアルヴェ(秋田市)で開かれた。第141回秋田県種苗交換会の一環である。展示物と、訪れた大人の声から学校農園の魅力を探った。

 各校とも大判ポスターで、多くの写真を使い、分かりやすく説明している。子供の生の声が新鮮だ。テーブルには、カボチャ、大根、水稲、ネギ、サツマイモ、大豆など収穫した作物が並ぶ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。