«
»

再認識される学校図書館の重要性

再認識される学校図書館の重要性

北海道北広島市で読書活動活性化フォーラム

 スマートフォンやインターネットなどの普及で児童生徒の本離れ、活字離れが進んでいる。その一方で子供たちの読書習慣を育てる学校図書館あるいは公立図書館の役割の大きさが再認識されつつある。もっとも、北海道において教育現場では学校図書の機能が十分果たされていないという指摘もある。北海道教育委員会石狩教育局はこのほど、学校図書の機能充実と課題解決を目指すべく「読書活動活性化フォーラム」を開催した。(札幌支局・湯朝 肇)

 「ようやく学校図書館の重要性が認識されてきたというところでしょうか」-8月31日、北海道の北広島市内で開かれた「平成30年度石狩管内地域の読書活動活性化フォーラム」(主催、北海道教育委員会石狩教育局)で全国学校図書館協議会学校図書館スーパーバイザーの野村邦重氏は、これまでの教育現場における学校図書館の脆弱(ぜいじゃく)性と今後の新たな取り組みに対する期待を込めてこう語った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。