ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

西田幾多郎記念哲学館、思考過程たどる貴重な資料

石川県かほく市の県西田幾多郎記念哲学館が注目

石川県かほく市の県西田幾多郎記念哲学館

 「善の研究」で知られる世界的な哲学者・西田幾多郎(1870~1945)=石川県かほく市(旧石川県河北郡宇ノ気村)出身=の未発表の資料が見つかり、思考過程をたどる上で今後の解明が注目されている。新たに見つかったのは講義用の直筆ノート50冊をはじめ、大量の考察メモ、リポート類などで、西田の遺族が2015年秋、都内の自宅倉庫を整理した際に見つけた。(日下一彦)

 資料は湿気による損傷が激しく、寄贈を受けた県西田幾多郎記念哲学館(同かほく市)では、奈良文化財研究所などの協力を得て汚れを落とした後、写真撮影して電子データ化を進めている。これまでの調査で見つかった資料は、西田の著作や資料の集大成である『西田幾多郎全集』などに収録されておらず、「善の研究」を執筆後、思索を発展させた軌跡の分かる記述もあって、研究者にとっては全集発刊後に発見された「国内最大の資料群」(同館)という。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。